読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++と色々

主にC++やプログラムに関する記事を投稿します。

プリプロセッサを使ってmake_array書いてみた

C++11の機能を使ったmake_arrayはこちらを参照して下さいmake_array 書いてみた - とくにあぶなくないRiSKのブログ

Visual C++ Nov 2012 CTPで可変長テンプレート引数対応とのことですが、不完全なうえ標準ライブラリが可変長テンプレート引数未対応なのでまだまだVC++での使用が難しいです。なのでBoost.Preprocessorを使って擬似可変長テンプレート引数なmake_arrayを書いてみました。

#include <array>
#include <type_traits>
#include <boost/preprocessor/repeat_from_to.hpp>
#include <boost/preprocessor/enum_params.hpp>
#include <boost/preprocessor/arithmetic/add.hpp>
#include <boost/preprocessor/repetition/enum_binary_params.hpp>

#define MAKE_ARRAY(z, n, d)\
template <BOOST_PP_ENUM_PARAMS(n, class T)>\
std::array<typename std::common_type<BOOST_PP_ENUM_PARAMS(n, T)>::type, n> make_array(BOOST_PP_ENUM_BINARY_PARAMS(n, T, arg))\
{\
	std::array<typename std::common_type<BOOST_PP_ENUM_PARAMS(n, T)>::type, n> ar = {BOOST_PP_ENUM_PARAMS(n, arg)};\
	return ar;\
}

BOOST_PP_REPEAT_FROM_TO(1, BOOST_PP_ADD(_VARIADIC_MAX, 5), MAKE_ARRAY, _)

#undef MAKE_ARRAY

int main()
{
	auto ar = make_array(1, 2, 3.0, 4.0);
}

特に説明することはないと思います。