読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++と色々

主にC++やプログラムに関する記事を投稿します。

ジェネリックラムダ

C++

C++14で実装されるジェネリックラムダの引数の型autoは、テンプレート引数と同じ型推論が行われます。なので引数の右辺値参照が左辺値参照にもなります。 #include <iostream> #include <type_traits> #include <utility> int main() { auto lam = [](auto&& val) { using type = decltype(va</utility></type_traits></iostream>…

依存性の注入

依存性の注入(Dependency injection)が実際に役立った場面があったので、メモします。 私はJavaでcsvファイルを読み込むクラスを書いていました。csvファイルということで、コンストラクタでファイル名を受け取るように実装しました。 package csv; import j…

社会人になりました

4/1に入社式を行いました。 これからどうなるんだろう。

今年は

今年は今まで一番ブログ書きました。 初めて勉強会に参加もしました。 免許も取りました。 インターンも経験しました。 いろんな経験を積むことが出来ました。 来年も色んなことを経験していきたいです。 あとゲーム作りたいなぁ… 良いお年を

using宣言とusingディレクティブ

C++

using宣言は既に宣言済みの名前だけを現在のスコープに取り込みます。 #include <iostream> namespace A { void f(double) { std::cout << "f(double)" << std::endl; } } using A::f; namespace A { void f(int) { std::cout << "f(int)" << std::endl; } } int main(</iostream>…

ラムダ式で再帰関数

C++

先日の記事にて、C++にラムダ式の再帰関数が欲しいと書いたのですが、調べたらstackoverflowにラムダ式での再帰関数を実現しようとしているコードがありました。 #include <functional> #include <iostream> int main() { std::function<int (int)> fact; fact = [&fact](int n){ return n == </int></iostream></functional>…

C++に欲しい機能

C++

C#書いていて、これC++にも欲しいなぁ、と思ったり、普通にこういう機能欲しいと思ったものです。 ネストした名前空間 今のC++ではこう書かないといけません。 namespace hoge { namespace foo { ... } } をこう書けたら良いなぁ、と思いました。 namespace …

私の趣味プログラミングについて

※12/19 追記 記事書いて数日公開したら、言いたい欲がスッキリので消します。

今年読んだ技術書

今年読んだ技術書をまとめようと思います。年末なので振り返ってみようと思います。 今年はよく電車に乗ったりして暇を潰す機会が多かったのと、意識的に積み本を消化しようとしていたのでたくさん読みました。1回読んだだけでは全て理解しきれないので、何…

マルチメソッド4 対数時間編

C++

マルチメソッド3 力まかせ改良編の続きです。 basic_dispatcher flat_mapを使う RTTI(実行時型情報)と、type_index(typeinfoを比較できるようにラップした型)の2つがあることにより、全ての型に対して(もちろん動的な型も含みます)、順序関係を持つことが出…

find関数で見るC++の変化

C++

STLアルゴリズムはそのアルゴリズムを適用する範囲の先頭と末尾のイテレータのペアを引数に取ります。実際には範囲全体にアルゴリズムを適用させるケースが多く、イテレータのペアを書くのが冗長に感じることがあります。そこでBoost.Rangeには、範囲を引数…

boost::serializationでboost::shared_ptrをシリアライズする

boost::shared_ptrをシリアライズする際にハマったのでメモしておきます。 boost::shared_ptrのトラッキングレベルはboost::shared_ptrの型Tのトラッキングレベルに依存しています。そして、その型Tのトラッキングレベルはboost::serialization::track_never…

boost::serializationでデフォルトコンストラクタのないクラスをシリアライズ化する

デフォルトコンストラクタを持たないクラスをシリアライズする。 save_construct_dataを使う、とかいった情報は出てくるのに、肝心のアーカイブ化するサンプルコードが探した限りあんまり無いので、サンプル張っておきます。ここに知りたいことが書いてあり…

MinGWでboostをビルドするとコンパイルエラーになる

MinGWのgccでboostを使いたかったので、こちらのサイトを参考に bootstrap.bat gcc を実行しました。すると Building Boost.Build engine builtins.c: In function 'builtin_readlink': builtins.c:1879:39: error: 'FSCTL_GET_REPARSE_POINT' undeclared (f…

Visual C++ Complier Nov 2013 CTPのconstexprのコンパイル時再帰深度

Visual C++ Complier Nov 2013 CTPにて部分的に実装されたconstexprですが、constexpr関数のコンパイル時再帰深度について調べてみました。 constexpr int func(int n) { return n == 0 ? 0 : func(n - 1); } int main() { static_assert(func(512) == 0, ""…

Visual C++ Compiler November 2013 CTPがやってきた!

ソース http://blogs.msdn.com/b/vcblog/archive/2013/11/18/announcing-the-visual-c-compiler-november-2013-ctp.aspx ついに…!ついに…!きた…!Visual C++ 2013 CTPです! なんと、Visual C++で、constexprが使えます!!!(コンストラクタ除く) コンパ…

歌舞伎座.tech#2に参加してきた

C++

補欠参加だったので、前日までに枠に入れてラッキーでした。 普段ブログやtwitterで一方的によく知っている人たちに生で会えるということも目的の一つに参加してきました。 C++11 : variadic template のご紹介 発表者 επιστημηさん 資料 http://www.slidesh…

Visual C++ 12.0で boost iterator concepts がコンパイルエラーになる

C++

以下のコードがVisual C++ 12.0でコンパイルエラーになります。Boostのバージョンは1.55です。 #include <boost/iterator/iterator_concepts.hpp> int main() { } 出力 http://melpon.org/wandbox/permlink/oJdAALJZbyRJgIiG iterator_concepts.hpp(43): error C2448: 'BOOST_concept' : 関数の定義</boost/iterator/iterator_concepts.hpp>…

C++14の言語機能の一部で少しサンプルを

C++

clang3.4で動きました。 #include <type_traits> #include <cassert> //通常の関数の戻り値の型推論 template <class T, class U> constexpr auto add(T t, U u) { return t + u; } //constexpr関数の制限緩和 constexpr int factorial(int n) { int sum = 1; for (int i = n; 0 < i; --i) { sum *= i</class></cassert></type_traits>…

Boost.Asioで簡単なチャット

簡単なチャットプログラムを書いてみました。Boost.AsioとWinsock2の2通り書いてみました。とにかく簡単に書こうとしたので、TCPで、同期通信しています。なので、一方的にメッセージを送ることはできず、必ずサーバ側とクライアント側が交互にメッセージを…

to_index, to_iterator書いてみた

C++

N3450を見て、非メンバ関数版のto_index, to_iteratorなんとなく書いてみました。本当ならクラスのメンバ関数ですが、気にせずに…。 #include <iterator> #include <type_traits> template <class Container> auto to_index(const Container& container, typename Container::const_iterator it) -> d</class></type_traits></iterator>…

Boost.AsioでHTTP通信

HTTP通信をするプログラムを書いてみました。WinScok2とBoost.Asioでそれぞれ書いてみました。簡単にするためにTCPで同期通信するプログラムです。WinSockの参考に「猫でもわかるWindowsプログラミング」を使ったのでアクセスするページがそうなっていますが…

UnityのスクリプトをVisual Studioで編集する方法

この方法でうまくいきました。シンプルな方法で気に入ってます。 こちら

新しいノートPCを買って最初にしたこと

最近新しくノートPCを購入しました。PCはVAIO Fit 14、OSはWindows 8 64bitです。新しいPCを買って最初に何をしたらいいのかわからず、調べながらやった作業を後のためにメモしておこうと思いました。 箱から取り出し、包装をはがす 領収書、説明書等、書類…

ぼくのかんがえたさいきょうのC++ライブラリ

C++

実現したい機能を決めます。 その機能を実装する際の実装の選択肢をポリシーとして抽出します。 共通のインターフェイスで扱えるようにポリシーのtraitsを作ります。 自作ポリシーに特殊化したtraitsを作ります。 完成

cpp_dec_floatをcpp_intに変換する方法

boost::multiprecision::cpp_dec_float(以下cpp_dec_float)からboost::multiprecision::cpp_int(以下cpp_int)へ直接変換する方法はありません。同様にcpp_intからcpp_dec_floatへ直接変換する方法はありません。*1 cpp_intもcpp_dec_floatも、文字列へ変換す…

マルチメソッド3 力任せ改良編

C++

マルチメソッド2 力任せ編の続きです。Modern C++ Designに載っているマルチメソッドを自分なりの解釈を加えながら、LokiライブラリではなくBoostライブラリを用いて実装してみようという試みです。 前回書いたように今回はstatic_dispatcherの改良として、…

Visual Studio 2013 RCが出た

Visual Studio 2013 RCがリリースされました。 C++が好きな自分としてはPreviewから更に新しく追加されたC++11/14の機能が気になります。(自分はC99については分からないので触れていません) さっそくPremium版をインストールして遊んでみました。 #include <type_traits></type_traits>…

ブクログやってみた

こちら 持っている本、持っていない本混ざってますが、いつか揃えたい本です。

マルチメソッドまとめ

C++

Lokiのマルチメソッドライブラリの実装がどうなっているのか調べて理解しつつ、BoostやC++11で書きなおして使おうという目的。 専用のカテゴリを作ってもカテゴリが増えて煩雑になるので、関連する記事はそれらを纏めた記事を作ることで纏めようと思います。…

適切なキャストを呼び分けてくれる関数テンプレートをSFINAEを使って書いてみた

C++

前回の記事のSFINAE版

適切なキャストを呼び分けてくれる関数テンプレート書いてみた

C++

はてなブログのGistのソースコード貼り付けが公式で対応したのでそれの試用も兼ねて。 好奇心でこういった関数テンプレートを作れるんじゃないかと思って挑戦してみました。 C++でキャストの種類ごとに長い名前付いた理由を考えればこのような関数テンプレー…

Aptana Studioの設定にRubyの項目を作成し、設定できるようにする方法

こちら URL

C++で文字列を数値に変換する方法

C++

元ネタに載っている変換方法を使ったサンプルを書いてみた。*1 atoi #include <cstdlib> #include <iostream> #include <string> #include <typeinfo> int main() { const std::string str("123"); auto num = std::atoi(str.c_str()); std::cout << typeid(num).name() << " : " << num << std::e</typeinfo></string></iostream></cstdlib>…

BOOST_PP_ITERATE

以前の記事でBOOST_PP_REPEATについて書きました。 BOOST_PP_REPEATは似たような記述を繰り返す際に利用できます。例えば、以下の様です(このコード自体に意味はありませんが…) #include <boost/preprocessor/cat.hpp> #include <boost/preprocessor/repeat.hpp> #define VALUE(z, n, d) const int BOOST_PP_CAT(VALUE_, </boost/preprocessor/repeat.hpp></boost/preprocessor/cat.hpp>…

やりたいことまとめてみる

色々やりたいことがあって手がつかないという状態なので整理する。 やらなければならないこと 就活 卒研のプログラム やりたいこと オレオレライブラリ書き C++ライブラリ WinAPIラップライブラリ DirectXラップライブラリ DXライブラリで3Dゲーム制作 Direc…

内定欲しい

7月は就活充でした……

マルチメソッド2 力任せ編

C++

マルチメソッド1 自作編の続きです。 ここからはModern C++Design に載っている方法を1つずつ試したいと思います。 その際、Boost.Mplを使用しています。生ポインタ使っています。スマートポインタを使うべきですが、本のサンプルをなるべくそのまま使いたい…

マルチメソッド1 自力編

C++

Modern C++ Designに載っている話です。マルチメソッドとは多重ディスパッチとも言い、関数を複数の引数の動的な型によって呼び分けることです。ゲームで、2つのオブジェクトによって最適な衝突判定関数を呼び分ける時などに使えます。*1 どうにかして擬似的…

式テンプレートっぽい何か

C++

boost::numeric::ublas::vectorのExpression Templatesってどうやって実装してるのか気になり、ヘッダを眺めて大事そうなとこだけ真似(劣化コピー)してみました。 式自体を定義しているヘッダです。 //ファンクタを適用する式 #ifndef NEK_MATH_VECTOR_EXPRE…

boost::any

boost::anyは動的型とも言われています。まるで動的型付け言語のようにboost::anyにはあらゆる型のオブジェクトを代入し、取り出すことができます。boost::anyに格納することが出来る型の要件は以下の3つです。 コピーコンストラクト可能なこと 例外に対して…

プリプロセッサを使ってmake_array書いてみた

C++

C++11の機能を使ったmake_arrayはこちらを参照して下さいmake_array 書いてみた - とくにあぶなくないRiSKのブログVisual C++ Nov 2012 CTPで可変長テンプレート引数対応とのことですが、不完全なうえ標準ライブラリが可変長テンプレート引数未対応なのでま…

Google TestをVisual C++ 11でビルドする

解凍したフォルダにmsvcというフォルダがあり、その中にVisual Studio 2008の.slnファイルがあるのでそれを2012に変換してビルドすればいいのですが、そのままビルドしようとするとstd::tuple辺りでエラーが出ます。これはVC++のSTLがまだC++11の可変長テン…

BOOST_PP_REPEAT

BOOST_PP_REPEATは引数に渡されたマクロを指定回数分展開するマクロです。 書式は以下のようになります。 BOOST_PP_REPEAT(c, m, d) cは、何回引数に渡されたマクロを展開するかの回数を指定します。 例えば5を入れれば指定されたマクロは5回展開されます。 …

boost::program_options

boost::program_options名前空間にあるクラスを用いると、コマンドライン引数(オプション)を柔軟に簡単に解析できます。自作アプリケーションでオプションをつけるのならば使わない手はないです。 具体的には、渡されたコマンドライン引数をコマンド毎に(…

gistのコードをブログに貼り付けてみるテスト

えいっ gistのコードのページの左側にあるEmbed this gistの中身をコピーします。 単に貼り付けても表示されないので、IDを削除します。更に、>と<で囲みます。 <script src="https://gist.github.com/nekko1119/5205577.js"></script> ←だめ <script src="https://gist.github.com/5205577.js"></script> ←表示されるこのままだと崩れて表示されてしまうので、Gistの埋め込みが崩れる(2013/02…

ローカルクラス

C++では関数内にもクラスを定義することができます。このクラスはローカルクラスと呼ばれ、静的メンバを定義できない、ローカル変数にアクセス出来ない、関数の外からインスタンス化ができない、などの特徴があります。 ローカルクラスの使いどころを2つ紹介…

このブログについて

ブログの語調が統一されていないのが自分で気になっています… 過去のは修正しませんがこれからはですます調に統一しようと思います。あと、プログラムの記事ですが、基本的に自分が本やネットで見つけたもので気になったものや整理したいものをメモする感じ…

STLコンテナの要素の削除方法

シーケンスコンテナ(vector, string, deque)とlistと連想コンテナ(set, map, 以下略)、の3つに分けて整理します。 "c"は、その時のコンテナのインスタンスを表します。std::を省略しています。完全なコードではありません。 特定の値を削除したい時 ・シーケ…

型特性によるオーバーロード

型特性によるオーバーロードはいくつか方法がありますが、目的に合わせた方法をとるのが良いと思います。・何通りかの型特性でオーバーロードをしたい場合 ・ある型特性かどうかでオーバーロードしたい場合 ・ある型特性でしかオーバーロードしてほしくない…